Tシャツの生地の種類

Tシャツには様々な生地が使用されます。生地の違いは素材の違いによって決定するのが特徴です。主な素材は綿(コットン)・ポリエステル・混合素材になります。綿は肌着やタオルなどの衣類に広く使用される素材で、着心地が良いのが特徴です。保湿性と吸水性が高いのも特徴ですが、それゆえに汗を吸った際にベタつく感じになってしまう欠点があります。ポリエステルはシワや虫食いに強く、通気性と速乾性も高い素材です。ただし綿よりも肌触りは劣り、敏感肌の方は苦手というケースもあります。混合素材は、名前の通り数種類の素材を組み合わせて使用する素材です。

素材のブレンド配合によって、生地の着心地や通気性などが変化します。例えば綿の割合が多い混合素材は着心地が良くなります。

春夏用に最適なTシャツの生地とは?

Tシャツは通年を通して着用できるアイテムの一つです。他のアイテムと合わせることで1年中着回せますが、シーズンごとに適した生地があります。春夏のシーズンは気温が上がり汗をかく機会が増えるため、着心地がよく通気性が高い生地が適しています。着心地が良い生地は綿を使用し、通気性を重視する場合にはポリエステルを使用しているものが最適です。春夏用に最適なTシャツの生地は、綿とポリエステルのメリットを合わせ持った混合素材になります。割合的には綿45%、ポリエステル55%が肌触りも良く汗に対応できる生地です。

この生地の割合で試してみて、もっと着心地をよくしたい場合には綿の割合が高いものを選び、通気性をよくする場合にはポリエステルの割合が高いものを選びましょう。

オリジナルtシャツのデザインは登録無料の販売サイトが多くあり、費用をかけずにできると注目されてる副業です。