ポリエステルと綿は季節を問わず身につけられる素材

オールシーズン使えるオリジナルのTシャツを作りたいときには、生地の選び方に少しこだわってみましょう。汗ばむ春夏から肌寒い秋冬まで活躍してくれるのが、ポリエステルと綿です。ユニフォームの定番の素材であるポリエステルは、季節を問わず身につけやすい素材のひとつです。このポリエステルには、適度な保温性があります。また、汗などの水分が乾きやすいのも、ポリエステルの特徴です。天然素材である綿は吸湿性に富み、肌に触れたときの感触がソフトです。皮膚に与える刺激が少ないことから、綿素材のTシャツは敏感肌の人からも人気があります。

水分を吸収しやすい綿は、汗をかいたときの不快感が少なく済むところも魅力になっています。

2つの素材を使った混紡の生地もおすすめ

オリジナルTシャツには、複数の素材を組み合わせた混紡の生地もしばしば用いられます。混紡の生地は、それぞれの素材のよさを引き出すような組み合わせ、配合率を考えて作られていることが多いです。オールシーズン使える素材を探しているときは、ポリエステルと綿をブレンドした混紡の生地を選ぶのもひとつの方法になるでしょう。ポリエステルと綿の混紡は、ポリエステルの保温性や綿の吸湿性を備えています。また、このような生地は触れたときの感触も概してソフトです。

ポリエステルだけを使った生地は、触れたときに少しザラつきを感じることがありますよね。綿を配合することでこういったザラつきがなくなり、より滑らかな質感の生地へと変化します。ポリエステルと綿の混紡は、丈夫で扱いやすい点もメリットです。

家でも外でも使えるパーカーは自分で作れます。オリジナルパーカーは1枚からでも低価格で作成可能ですぐにできます。